マリオットがスターウッド利用者情報の流出を発表。2014年以降で対象5億人!SPGカード利用者は!?

マリオットホーム

今すぐパスワードの変更を行いましょう!

休日気分を吹き飛ばすニュースが流れてきました。なんとマリオットから5億件ものユーザ情報が流出したというのです。しかも、対象はスターウッド側の顧客情報ということで、SPGカード利用者にも影響が大きいかもしれません。

流出したのは2014年から2018年9月10日まで、となっていますが、前後に幅を見ておいたほうが良いと思います。

公式発表と各社の報道

マリオットからの公式発表はこちら(英文)

news.marriott.com

日本でも色々記事になっていますが、wired の記事が一番踏み込んでいると思いました。

www.nikkei.com

blogos.com

wired.jp

どんな情報が流出したのか

流出した情報は

・名前

・住所

・電話番号

・メールアドレス

・生年月日

・性別

・旅程と予約情報

パスポート番号

・「スターウッドプリファードゲスト(SPG)」のアカウント情報

これに加えて、カード情報の流出も否定出来ないそうです。

自分もちょうど該当の時期に海外のスターウッド系ホテルを利用しており、これらの情報が流出してしまった可能性が高いと思われます。

がっかりです。

自分でできる対策

自分でできる対策としては、アカウントが不正利用されないようにパスワードの変更を行うぐらいしかなさそうです。

あとは、カード利用歴に記憶にないものがないかの確認を、自分が安心できるまで続けるぐらいでしょうか。

本当に心配な方は、カードの再発行もアリだと思います。

今後は

マリオットからの連絡待ちになりますが、すでにアメリカ、カナダ、イギリス在住者向けに提供されている流出監視サービスを日本向けにも提供してもらいたいと思います。

防御にはならないものの、監視に引っかかったら行動を起こさなければならないと思いますので、良いきっかけになると思います。

信頼して情報を預けているところからの情報流出は笑えない事態なわけですが、今後も起きない保証はないので、そんな時にどう行動するかはある程度自分の中で決めておいたほうが良さそうですね。

それにしても、パスポート番号の流出は想定外だわ….orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です