2023年JGC修行レポート 旅程B その1/4 羽田→ソウル

ついついやってしまったJGC修行。その旅程を残しておきたいと思います。

先日完了した旅程Aに続いて、旅程Bです。日本でのストップオーバーを終えて、ソウル行きからスタートです。

先日公開した旅程の中の、赤線枠の部分です。

JGC修行の1セット目の最終レグでソウルに向かい、2セット目の1レグでソウル→羽田とその後2レグ、3レグのバンコク往復で旅程Bは終わります。この旅程Bは木曜日早退、金曜は休みを取っての修行となります。

旅程Aと同じくバンコクから日本に帰ってきたあとは、ストップオーバーで日本滞在を楽しむという海外発券あるあるな旅程になっていますが、今回は日曜朝に帰ってきたら翌木曜には旅程Cが始まるという過密スケジュールです。

旅程ごとにまとめようと思ったのですが、長くなるので1レグごとに分割することにしました。

今回は羽田からソウルへの移動です。羽田でワンワールド系のラウンジを利用するのは初めてなので非常に楽しみです。

羽田までの移動

木曜日は会社を早退して羽田に向かいました。移動は電車で最終的には京急で羽田に入りました。

車窓から羽田空港方面を眺めていると、空港に降りていく飛行機が並走?していていい雰囲気でした。毎日この景色が見られる沿線の人が羨ましいです。

羽田空港でのチェックイン

羽田空港は手続きの自動化が進んでおり、自分もロビーに設置されている端末で手続きを行いました。羽田では特に問題なく発券できたので、ビジネスクラス搭乗者以上が利用可能な優先保安検査場を通ります。羽田はPCや液体物を荷物から取り出さなくて良いので楽ですね。出国も機械で手続きできるので、スムーズです。

この時間帯は空いていたのか、保安検査場から出国まで10分もかからないほどでした。

出発まで4時間ほどあるので、早速ラウンジにお邪魔したいと思います。

JAL便ビジネスクラス利用でお邪魔するキャセイパシフィックラウンジ

JALのサクララウンジが4階/5階にあるのですが、その更に上の6階にキャセイパシフィックラウンジがあります。場所は114番ゲート付近です。エスカレーターを上っていくとたどり着けます。

入り口はこんな雰囲気です。カウンターにJALのビジネスクラスのチケットを提示することで入らせてもらえました。
このラウンジは17時クローズなので、約1時間滞在可能でした。

入口入ってすぐ右手にロッカーがあるので、荷物を預けてラウンジに入ります。

ラウンジに入ってみると、ガラガラでした。木曜日の夕方というのもあるかと思いますが、自分を含めて6人しかいませんでした。

というわけで早速ラウンジ入って左手奥のお食事コーナーへ。6階ということもあり、眺めは良いです。

まずはビール、だけど少しでいいやと思ってビールを注ぐ機械を停めたら、こんな泡だらけのビールになってしまいました。残念。泡が落ち着くのを待ちます。

このコーナーでは食事をオーダーして作ってもらいます。ホテルオークラ系列の会社が運営を担当しているそうなので、期待が高まります。オーダーするとフードコートでよくある呼び出し機を渡されるので、席で待っていて大丈夫です。呼び出されたらカウンターに受け取りに行きます。
今回は担々麺とフレンチトーストをお願いしました。

フレンチトーストにナイフを入れてみました。よく滲みているのがわかると思います。美味しくて一口で大好きになりました。

ラウンジは大きく分けて、お食事系のエリア、おつまみやデザートのカウンターがあるエリア、ドリンクカウンターがあるエリアの3つに分かれていました。

ドリンクカウンターがあるエリアはラウンジ入って右手奥です。

写真で分かる通り、誰もおらず貸切状態でした。

このエリアは2面が窓になっているのに加えて、天井からかなり低い位置まで窓になっているので、開放感があり、非常に眺めが良いです。

この時間帯はA滑走路34Lで着陸機がどんどん降りてきていたので、窓際のソファーに座ってじっくり眺めることができました。

というわけで、早速ドリンクカウンターで泡をお願いし、おつまみカウンターからチーズとケーキを頂いてきました。

ちびちびやりながら着陸してくる飛行機を眺めて過ごします。

人が少なかったこともあり、ラウンジの中は非常に静かでした。そのおかげか、着陸機が逆噴射をする音が「キューーーン」という独特な小さな音になってラウンジ内で反響してまるで音楽ホールにいるような気分でした。大きい飛行機が降りてきたほうがよく聞こえるので、FlightRadar24とにらめっこしながらその音を楽しんでいました。すごく贅沢な時間だったと思います。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもので、ラウンジが閉まる17時が近づいてきました。次はサクララウンジに移動したいと思います。

JAL便ビジネスクラス利用でお邪魔するJALサクララウンジ(当たり前)

キャセイのラウンジから2フロア降りて4階にJALのサクララウンジがあります。サクララウンジ自体は成田で経験済みとはいえ、羽田は初めてです。

5階には同じくJALのサクララウンジ スカイビューというラウンジがあるのですが、午後の営業時間が18時からということでまだ入れないため、4階のラウンジに入ります。今回は5階のスカイビューは利用しませんでした。

キャセイのラウンジとは違い、結構混んでいました。窓際は席を見つけるのも大変なくらいの混みようでした。木曜日なのに。なんとか満足できる席を見つけて、ラウンジ入ってすぐ右手にあるカウンターで早速カレーとフィッシュアンドチップスをオーダーしました。利用2回目にしていつもの感が出てきています。

カレーの付け合せとデザートのティラミスも頂きます。

そして忘れてはいけない泡。

一通り飲食して満足したので、ソファーエリアに移動してコーヒーなど飲みながら時間までまったりします。

そうこうしているうちに搭乗時刻が近づいてきたので、ゲートに移動します。

日本航空 95便 ソウル(金浦)行き

今回は135番ゲートで、沖止めの飛行機までバス移動です。相変わらずグループ1多いです。

でも、バス移動の場合、グループ1が先にバスに乗り、その後グループ2の人をある程度詰め込んでから移動するので、最後に乗った人が最初に機内に入りますよね。搭乗順の恩恵を受けにくい方式な気がします。まぁ、バスでは座れますけどね。

沖止めの飛行機に到着しました。自分はバスからは最初に降りたのですが、写真を撮ろうと思ってゆっくりしていました。結局タラップを上ったのは最後になりました。

普段あまり見られないアングルで空港や飛行機を見られるのが沖止めの楽しいところですね。いつもよりちょっとだけテンションが上ります。

向こうに見える明るいところは142番、143番ゲートあたりです。

エンジンの目の前を通ります。やっぱり大きいです。ピンボケすいません。

写真では分かりづらいのですが、飛行機の鼻先に東京タワーが見えます。

こちらが今回お世話になる席です。この便は窓側を確保できました。逆ヘリンボーンのシートは初めてなので、期待が高まります。この席はバルクヘッド席だったので、足を入れるスペースが右側に広くなっていて快適でした。

CAさんから「上着をお預かりしましょうか?」と聞かれて不要とお断りしたのですが、何度か聞かれたので丁寧と取るかしつこいと取るか微妙な感じでした。なにかの理由で上着を預かったほうが良いということなんでしょうかね。

この便に乗るまでヘリンボーンってなんなのか知らなかったのですが、ヘリンのボーン、つまりニシンの骨のような形に見えるので、その名前がついたようです。

元々は床材やレンガの配置模様をそう呼んでいて、その模様に似ているので同じ呼び名で呼ばれているようです。日本にも似た模様があって、杉綾と言うそうです。

通路を背骨に見立てたときにヘリンボーンは機体後方に向けてハの字に配置されるのに対して、逆ヘリンボーンは機体前方に向けてハの字に配置されます。

逆ヘリンボーンのほうがより個室感が高い座席になるようです。

座ってみてわかったのですが、どちらかというと自分には合わない感じでした。

良かったところ

  • シェルで囲まれているので、プライベート感が高い

イマイチだったところ

  • 椅子の幅が狭く、窮屈に感じた
  • 三点式シートベルトは目新しかったが締めにくかった
  • 窓側なのに窓が遠い。ほんとに遠い。
  • 肘掛けがなんとなくフィットしない

とイマイチだったところが多い結果となりました。楽しみにしていたのと、新しい分改良されて良くなっているだろうという期待が先行しすぎたのだと思います。

体の大きさとか太り具合とか色々要素はあると思いますので、あくまで自分には合わなかった、という話です。

離陸から1時間ほどで機内食の準備が始まりました。テーブルは壁に収納されているものを倒して、右回転させるというギミックでした。あとは手前に引いて距離を調整します。

夕食はお寿司です。思ったより豪華な感じで嬉しかったです。飲み物はエビスを頂きます。日本発便の和食はやはり美味しいですね。

あとから茶碗蒸しも提供されました。

せっかくなのでお寿司のアップもおいておきます。

食べ終わっって1時間ほどで着陸に向けて高度を下げ始めていました。

金浦空港に着陸してから、ゲートに接続し、降機してイミグレを通り抜けるまでおおよそ20分ほどでした。ビジネスクラスで早く降機できたのが良かったと思います。空港もコンパクトですしね。

入国してロビーに出ると、ロビーの左右に地下鉄につながるエスカレーターがあるので降りて通路を進みます。

案内板があるので特に迷うことなく地下鉄に到達できました。

地下鉄に乗る前にWOWPASSというプリペイドのクレジットカードを入手して、チャージして、同じカードに搭載されているTmoney(Suicaみたいなもの?)にもチャージして地下鉄に乗れるようにしました。ソウルは地下鉄料金が安くて助かります。

そのまま進むと地下鉄の駅があるので、地下鉄5号線でホテルが有るヨンドゥンポを目指します。シンギルで1号線に乗り換えて一駅移動しても良いのですが、シンギルで下りて歩いてもほぼ同じ距離なので、シンギルで下りて歩きました。外に出てから10分ほど歩いて到着しました。

宿泊はフェアフィールド・バイ・マリオット・ソウル

なんと、ホテルの写真がこれしかありません…..

結構人気のホテルのようで、23:20頃に着いたのですがチェックインする客が多く、なかなかチェックインの順番が回ってきませんでした。20分近く待たされたと思います。それでも、金浦空港の到着ロビーに出てからここまで1時間程度で到着できました。乗車した地下鉄の列車が急行列車で時間が節約できたのが大きかったです。

ホテルの向かいにも大きなホテルがあり、その奥にはタイムズスクエアという商業施設があるようです。このホテルはマリオット系としては安価なホテルだと思います。

窓から撮った外の景色はこんな感じです。プラチナ会員だからか、高層階に割り当ててもらえたようです。

明日は金浦空港発7:50のJAL90便に乗らなければならないので、地下鉄の始発で移動します。5時にはホテルを出るので、早々にシャワーを浴びて寝ることにします。

修行は続きます。

オマケ)ホテルの部屋の様子をなんとか….

部屋の写真は撮っていないのですが、Scaniverse というアプリで部屋を3Dスキャンしたデータならありますので、そこから画像を切り出して掲載したいと思います。

部屋をスキャンしたデータから、片面の壁を取り除いてみました。本物とは随分違いますが参考になれば….シャワールームのガラスとかスキャン難しいんですよね….

右が入口のドアで、入ってすぐ右手にシャワー、奥にトイレ、手前に洗面台があります。左側はベッドとソファーです。左のカーテンを開けると先程のホテルが見えます。

オマケ)そして残念だったこと

実はこの日、とある洋酒の解禁日でした。そうです、アレです。

ラウンジで舐めるぐらいはできるかな?と思って期待していたのですが、特に用意はされていないようでした。

→ ファーストクラスのラウンジでは用意があったようです。

機内で提供されるかな?と思って期待していたのですが、特に用意はされていないようでした。

→ 中長距離の便では用意があったようです。つまりバンコク行きが今日ならワンチャンあったかも….

ラウンジでの提供はなくても良いですが、機内ならビジネスクラス以上は提供してほしかったな……と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です